ご依頼者さまの視点に立ったコンサルティング

フロントに在職している妹尾みどりは、かつて大手電機メーカーの宣伝部に所属し、10年以上宣伝制作を依頼する仕事で「依頼する側の難しさ」を経験してきました。

ただひとつ、はっきりつかんだことは
「成果は、ご依頼者さまと制作者のフォーカスがぴったり合ったときに生まれる」
ということです。

その経験から、どちらの視点にも立ちながらコンサルティングを行っています。

 

制作前のコンサルティングは無料です

何を根拠に制作会社を選ぶかは大きな課題です。
コスト、スピード、規模……それを検討しても、成果が得られる根拠にはならない、ということを経験してきました。

ご依頼者さまのゴール設定と、制作者側の理解力がすれ違わないこと。納得してご依頼をいただくために、制作前のコンサルティングは基本的に無料で行っています。

 

できるように、できることから

ご依頼者さまにとって、ご予算は大きな問題かと思います。
予算の制約はあって当たり前。その中でも何をしていくかを考えるコンサルティングをしています。

何もしないよりは、できるように、できることから。
ご予算で悩む前にできることがあります。

 

記事の書き方インストラクション

近年、ご依頼者さまご自身がウェブサイトやメールマガジンなどの記事を書くケースが増えています。こうした時に、適切な書き方をしていないと思わぬ事故になる場合があります。
(かつてメーカー宣伝部に在籍していた頃に厳しく指導を受けた点のひとつです。)
書くためのツールを渡されても、何を書いたらよいか、書くべきではないかを考えることは難しいものです。
告知の方針と計画を立てて、ふさわしい言葉で継続して記事を書くためのインストラクションや、記事の校閲をお引き受けしています。
社員の方が所属組織にふさわしいメッセージを発信できるようになれば、組織や事業に欠かせない言葉が育ち、かけがえのない財産になってゆきます。